中田英寿という生き方(後編)【フットボールサミット第2回】

『「偏屈者」と呼ばれしサッカー界のトリックスター』
さまざまな革命をもたらしながらも、日本の社会では「偏屈者」「変わり者」というレッテルを貼られてしまう中田英寿という生き方。日本的な甘えを断つその生き様は、引退後のいまもさほど変わっていないように思える。再び新しい道を切り開こうとしている彼は、またも日本の社会と対峙することになるのか。

2012年12月16日(Sun)14時00分配信

text by 大泉実成 photo Kazuhito Yamada
Tags:

【前編から続く】


中田が選手としての強さを保てた理由とは【写真:山田一仁】

中学生時代の有名なエピソード

 たとえば、中田の中学生時代の有名なエピソードに次のようなものがある。

 当時、甲府北中のコーチをしていた皆川新一は、試合に負けた生徒たちに罰走として50本のダッシュを命じた。僕自身中学時代は野球部だったが、何か不祥事があったり試合に負けたりしたときに「ダッシュ50本」というのはよく経験したものである。皆川は1960年生まれ、僕は1961年生まれなので、おそらく皆川も自分が体験したことを子供たちに課していたのだろう。無論僕らの世代には、指導者のそのような命令に反論するなどありえないことだった。

子供たちは不承不承ながら当然のことのように「罰」を受けたのですが、ヒデだけはベンチの脇に立って走ろうとしないのです。怪訝に思った私は、
「どうした。なぜ走らんのだ!」
と語気を荒げたのです。ヒデの答えはこうでした。
「走る理由がわからない。俺たちだけが、走らなければならないのは納得できない。皆川さんも一緒に走ってくれ。だったら俺も走る」

引用元:『山梨のサッカー』山日ライブラリー

 このとき中田英寿は中学2年になったばかりだった。人間のタイプというのは、実は社会経験をつんでいない子供時代のほうが、補正されていないため、より強く現れる。

 論理的に考えれば、誠に中田の言うとおりであろう。試合に負けたことについては、選手にも責任があるが、指導者にも大きな責任があるからである。

 中田にとって幸運だったのは、皆川が凡百の指導者と異なり、中田の話の論理性を認めて自分も共に罰走に参加するような人間だったことである。実際に自分で走ってみたら20本でダウンし、そこで「罰」は終了にせざるをえなかったという。このとき皆川は、自分の指導者としての理念や知識、スキルのなさを痛感し、のちにドイツに渡って3年間サッカーの指導法を学ぶことになる。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top