ベッカム引退劇に潜む“金銭問題”――。それでも称えるべきサッカー選手としての素顔

世界中のサッカーファンから愛された選手、デビッド・ベッカム。先日、惜しまれつつスパイクを脱いだ。まだ余力を残しての引退にはピッチ内だけでなくさまざまな要因がある。ただ、彼が純粋なフットボーラーであることに変わりはない。

2013年06月01日(Sat)14時32分配信

text by 小川由紀子 photo Ryota Harada
Tags:

「頂点にいるうちに身を引きたい」

ベッカム引退劇に潜む“金銭問題”――。それでも称えるべきサッカー選手としての素顔
デビッド・ベッカム【写真:原田亮太】

 パルク・デ・プランスの大観衆に見送られた涙の引退試合から4日後、同じ場所に、デビッド・ベッカムの姿があった。この日は、クラブが設立したチャリティ目的の財団が近隣に住む子供たちを招いての公開練習。PSGのシャツを着せてもらってゴキゲンのやんちゃ坊主たちが叫ぶ。

『We love Beckham!! We love Beckham!!』

 しかし彼らが熱い視線を送るヒーローは、ハーフコートで行われているミニゲームの集団の中にはいなかった。ベッカムは少し離れたゴールポストの脇に立ち、目を細めてチームメイトたちがボールを追う姿を眺めていた。

 誰かがゴールを決めると大きく手を叩き、外せば「オー!」と声を出して悔しがる。すでに現役を終えた、元選手の姿がそこにはあった。

 5月16日、38歳になってちょうど2週間後、ベッカムは現役引退を発表した。クラブ関係者によると、正式に優勝が決定する前から、すでにクラブ側には引退の意思を伝えていたという。

「頂点にいるうちに身を引きたい」

 それが彼の考えだった。

 約1ヶ月前の4月上旬、ベッカム本人にインタビューする機会があった。そのとき来季について尋ねると、「この年になると、1シーズン終えてからまた次、というように、短いスパンでしか考えられない」と話していた。

 実際、あと1、2年はやれる体力と気力は十分にあったから、そのときは、クラブ側の求めに応じて1年の契約延長に応じるのではないかという気がしていた。

 しかし、彼が下した決断は、スパイクを脱ぐことだった。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top