“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢

ネイマールのバルセロナへの移籍が決定した。現地では相当な盛り上がりを見せているが、フィーバーを狙っている節もある。日本では、ストーブリーグにはサッカーの話題が少なくなってしまう。移籍報道のあり方などまだまだ欧州に足りない点は多い。

2013年06月07日(金)12時54分配信

text by 小澤一郎 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
タグ:

ネイマールの移籍金は5700万ユーロ

20130511_mou
「僕の気持ちはずっとバルサと共にあった」と語るネイマール【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

「僕の気持ちはずっとバルサと共にあった。お金で動くことはない」

 晴れてバルセロナの一員となったネイマールは3日の入団会見でこう語った。カンプ・ノウでのプレゼンテーションには5万6500人もの観衆が集まり、その期待と注目度の高さが伺えた。個人的に印象に残ったのが、ネイマールの横に座ったバルトメウ副会長が移籍金や移籍の経緯について詳細な説明を行ったこと。

「ネイマールの獲得交渉は2年前の2011年からスタートしていた」と明かした同副会長は、「移籍オペレーションは、5700万ユーロ」と正確な金額を明かした。獲得クラブが移籍金を発表することは珍しいが、ネイマールの移籍についてはバルセロナのフロントの迅速な働きによって実現したことから暗にその点を強調するためのリリースであろう。

 そもそも、サンドロ・ロセイ会長はナイキ社勤務時代に南米支店の幹部を務めていた関係でブラジルサッカー界との強固なパイプを築き上げ、それを活かして副会長を務めたラポルタ体制時代にロナウジーニョやデコといったビッグネームの移籍交渉をまとめ上げてきた。

 今回のネイマール獲得に向けてもロセイ会長は会長就任当初から水面下で移籍交渉を進めており、すでに昨年のタイミングで1000万ユーロの手付金を支払っていた。

 しかし、バルトメウ副会長はレアル・マドリーや他の欧州ビッグクラブからの巨額のオファーによって「当初4000万ユーロと見積もっていた移籍金が、最終的には5700万ユーロまでつり上がった」ことについてもコメントした。

 その上で、「(レアルの)フロレンティーノ会長は、オペレーションが1億5000万ユーロと話していたが、それは彼のみが知ること」と発言し、最後の最後で札束攻勢をかけた彼らのやり方を皮肉った。

1 2 3

人気記事ランキング

        ↑top