なぜ韓国サポーターは政治的な横断幕を掲げ、旭日旗に反発するのか?

東アジア杯の最終戦となった日韓戦。白熱した好ゲームだったが、スタジアムでは政治的なメッセージが掲げられ、新たな憎しみを生んでしまった。スポーツと政治と別に考えるべきだが、なぜこのようなことが起こるのか? 日本代表を応援しに現地へ駆けつけたサポーターが、韓国サポーターの代表を直撃した。

2013年07月30日(Tue)16時50分配信

text by 清義明 photo Yoshiaki Sei
Tags:

日韓戦で破れられたタブー

なぜ韓国サポーターは政治的な横断幕を掲げ、旭日旗に反発するのか?
横断幕で『歴史を忘れた民族に未来はない』とのメッセージ【写真:清義明】

 7月28日の東アジア杯の最終戦、日本代表-韓国代表。試合はザックジャパンの新戦力である柿谷曜一朗の2つのファインゴールが決まり、韓国代表も日本でもファンが多かったホン・ミョンボ新監督のもとに健闘を見せた。アジアの覇権を何十年も争ってきた両チームの伝統ある試合らしい白熱した好ゲームであった。

 しかしこの試合で、日韓の政治的なわだかまりをさらにエスカレートするような行為が、日韓双方の一部のサポーターから行われたことは各種の報道のとおりである。極めて残念なことである。

 韓国側からはゴール裏二階を完全に横断するほどの大きさの横断幕で『歴史を忘れた民族に未来はない』とのメッセージ。さらには試合開始直前には、韓国の英雄でもあり、伊藤博文の暗殺者である安重根と豊臣秀吉の朝鮮侵攻を撃退したとされている将軍の巨大な肖像幕が掲げられた。

 一方で日本のゴール裏では、巨大な旭日旗が翻った。韓国アウェイの日本代表戦で旭日旗がひるがえるのは自分の記憶ではない。これまで韓国戦での旭日旗の掲示は一種のタブーとなってきたからで、特に最近ではそのタブーを破ろうとする試みがあっても主催者判断で防がれてきたからだ。

 日韓それぞれのメディアでこれに関する情報が錯そうしているようなので、当事者や関係者へのインタビューも含めて現場での模様とこれに関するいくつかの情報をお伝えする。

1 2 3 4 5 6 7

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top