日本がW杯初戦で対戦。“アフリカ最強”コートジボワールに弱点はあるか?

ブラジルW杯のグループステージの組み分けが決まった。日本の初戦の相手はコートジボワール。アフリカ最強の呼び声高く、個々の選手を知っている日本のサッカーファンも多いだろう。果たしてこの難敵に弱点はあるのか?

2013年12月09日(Mon)11時30分配信

text by 河治良幸
Tags: , , , ,

アフリカ予選での競り合いで優位に

 通称“エレファンツ”ことコートジボワール代表が日本と同じC組に入り、初戦の相手に決まった。W杯の出場は3大会連続の3回目となるが、アフリカ勢では最強国の1つとして知られ、筆者の評価としてはガーナやナイジェリアを上回るポテンシャルを備えると見ている。

 ただ、もちろん付け入る隙はある。そこで彼らの特徴を整理することで、攻略法を考える足がかりにしたい。

 過去に3度の対戦経験で2勝1敗だが、最新の試合は南アフリカW杯の直前にスイスのシオンで行われたテストマッチ。

 この時は2-0と完敗したが、相手のコートジボワールも大黒柱のドログバが田中マルクス闘莉王との“接触”で腕を骨折するアクシデントに見舞われた。その後、何とか復帰にこぎ着けたものの、本体のパフォーマンスとはほど遠く、チームの戦いに大きく影響してしまったことはファンが記憶する通りだ。

 当時は日本代表もスタイルの再構築を迫られており、2-0という結果をもって単純に戦力差を判断するべきではないが、守備陣に中澤祐二と闘莉王を擁した当時においても、日本と大きく差が出たのは局面の1対1だ。

 ドログバを筆頭に身体能力はアフリカでも随一でボールを巡る競り合いを含め、アフリカ予選においても大半の競り合いやボールの奪い合いでコートジボワールが優位に立っていた。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top