「侍はパートタイムの選手に」。伊紙、本田の先発予想するも厳しい現状分析

本日夜行われるミラン対ボローニャ戦においてイタリアの現地紙は本田圭佑の先発を予想した。だが、論評には厳しい言葉が並ぶ。本田を侍に例えるも、徐々に活躍しなくなったと分析している。

2014年02月14日(Fri)18時33分配信

text by 編集部 photo Ryota Harada
Tags: , , , , ,

本田が苦しむ2つの理由

「侍はパートタイムの選手に」。伊紙、本田の先発予想するも厳しい現状分析
本田圭佑【写真:原田亮太】

 イタリア最大紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は14日のボローニャ戦当日の紙面で、負傷者続出によりACミランMF本田圭佑が先発出場すると報じている。

 しかしながら、見出しでは「悲しさ、孤独、そしてサイド、本田は結果を求める」と悲壮感を漂わせている。

 記事は一層寂寥感を募らせるような内容となっている。

「本田がこんなにすぐにパートタイムの選手になると想像できなかった。当初、本田の頭にはとさか(編注:ちょんまげ、という意味か)があった。その後、侍は徐々に活躍しなくなっていった。ナポリでは胃腸炎を治すために鎧を外さなければならなかった。

 ボローニャ戦では戻ってくるが、水曜日のチャンピオンズリーグは、またTVの前で観戦しなければならない。CSKAモスクワで今季すでにプレーしたからだ。彼の責任ではないけれど、いずれにしても、本田圭佑のミランにおける活躍できる場面は少なくなっている。

 これは侍の構想にはなかったことだ。パフォーマンスの下降は緩やかだが残酷だ。サッソオーロ戦で前途有望なデビューを果たし、初ゴールを決めた(イタリア杯スペツィア戦)。道を進めるにつれ、だんだん再調整が必要となった。

 理由は主に2つ。フィジカルのコンディションがまだ最高ではないので、運動量が足りていない。それとピッチでのポジション。彼の好きなポジションは真ん中の位置。でもそこにはカカがいる。だからセードルフは右で本田を起用している。そこでは前へ後ろへ、ペダルを踏まなければならない。本田は苦しみながらサイドをこなしている」

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top