ボローニャ戦のミラン・本田に落第点並ぶ。「ターラブはスピードあり厚かましい。本田は臆病」

ボローニャ戦、先発出場した本田圭佑だったが、見せ場なく途中でベンチに退いている。現地イタリアの記者は低い点数をつけ、厳しい評価を下した。ターラブとの比較ではより鮮明にそれがわかる。

2014年02月15日(Sat)14時31分配信

text by 編集部 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , ,

「多くのスペースを本田がカバーしなければならなかった」

ボローニャ戦のミラン・本田に落第点並ぶ。「ターラブはスピードあり厚かましい。本田は臆病」
本田圭佑【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 ACミランMF本田圭佑は14日のホーム・ボローニャ戦で先発復帰し、右の攻撃的MFとして後半21分までプレーしたが、見せ場なく不発に終わった。チームは本田がベンチに下がった後、イタリア代表FWマリオ・バロテッリの強烈な決勝弾により1-0で勝利した。

 前節ナポリ戦では胃腸炎で欠場となったが、ここ数試合見せ場のない「背番号10」に対し、途中交代時にはスタンドからはついにブーイングも飛び出した。ミラノでの評価が日増しに厳しくなっている地元メディアだが、この夜は更に鋭い視線を浴びせていた。

 一般紙「ラ・レプブリカ」のエンリコ・クッロ記者は本田に対し、勝ったチームの選手としては平均点以下を意味する『5点』とした。

「本田はよくなかった。とても酷いとは言えないが、確実によくなかった。だが、悪かったのは彼だけのせいではないと思う。チーム全体にはあまりにもスピードがなく、ペースが上がらなかった。

(ボローニャの戦術と帰陣の速さゆえに)彼の前には常に相手選手が5人いた。そして、何もできなかった。この戦術では多くのスペースを本田がカバーしなければならなかった。彼はもっとゴールの近くにいなければならない」

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top