CLベスト16。オッズ有利もマンUにとって侮れないオリンピアコス。香川の出場は望み薄か

今夜、行われるCLベスト16。2試合あるが注目はオリンピアコス対マンチェスター・ユナイテッドの一戦だ。ユナイテッドはリーグ戦で低迷するうっぷんを晴らすためにもしっかりと勝利を得たいが、オリンピアコスは侮れない相手だ。マタが出場できない分、香川にもチャンスが巡ってきそうだが…。

2014年02月25日(Tue)11時44分配信

text by 海老沢純一 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , ,

ルーニーの契約延長は大きな朗報

 マンチェスター・ユナイテッドは、25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のベスト16ファーストレグでギリシャのオリンピアコスとアウェイで対戦する。

CLベスト16。オッズ有利もマンUにとって侮れないオリンピアコス。香川の出場は望み薄か
ウェイン・ルーニーが、9試合ぶりとなるゴールを決めた事も朗報【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 ウィリアムヒル社のオッズを見てみると、ユナイテッドに2.25倍、ドローに3.25倍、オリンピアコスに同じく3.25倍と、ユナイテッド有利の配当となっている。

 そのユナイテッドは、22日のクリスタル・パレス戦で2-0と4試合ぶりの勝利を挙げてオリンピアコス戦に弾みをつけた。

さらに、クラブと週給3000万ポンド(約5000万円)で2019年6月までの5年半という超大型契約で延長したウェイン・ルーニーが、この試合で自身9試合ぶりとなるゴールを決めた事も朗報だ。契約延長とゴールによって、心身ともに落ち着いた状態で今後の試合に臨めるだろう。

 また、今季で退団を発表した主将のネマニャ・ビディッチが、英メディアに対して「私は本当に、我々がCLで特別な何かを出来ると信じている」と、語っていることからも、チームがCLに高いモチベーションを持っていることが分かる。

 そんななか、香川真司にとっては苦しい状況が続いている。パレス戦で2試合ぶりにベンチ入りしたものの、出場機会はなし。CLではフアン・マタがカップタイドによって出場資格が無いため、プレミアリーグよりは出場の可能性が高くなる。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top