伊記者が低迷のミランの現状を分析。なぜ本田圭佑に批判が集中してしまうのか?

イタリアのメディアは叩くときは徹底的に叩く。それなりに悪くないパフォーマンスのときでも本田圭佑に苦言を呈することが多々ある。なぜそこまで厳しいのか? それには理由があった。イタリア人記者に話を聞き、ミランの現状から迫る。

2014年03月01日(Sat)8時40分配信

text by 元川悦子 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , ,

「本田はイタリアの新聞を読まない方がいい」

伊記者が低迷のミランの現状を分析。なぜ本田圭佑に批判が集中してしまうのか?
本田圭佑【写真:Kazhito Yamada / Kaz Photography】

 本田圭佑が1月11日のサッスオーロ戦でセリエAデビューを果たしてから約2ヶ月。ACミランは依然としてチャンピオンズリーグ(CL)圏内から遠い9位に低迷している。ヨーロッパリーグ(EL)圏内の6位・ベローナとの差は4でまだ逆転の可能性はあるが、3位・ナポリとの差は15と来季CL出場は絶望的。本田自身もいまだリーグ戦ではゴールを奪えず、チームの救世主になりきれていない。

 セリエA事情に精通する『Goal.com』イタリア版編集長のフレデリコ・カソッティ氏は「彼は今、激しい批判にさらされているが、それもメディアが本田の地力を認めているからだ」と前向きにコメントしている。

「選手として発展途上だったかつての三浦知良や中田英寿、中村俊輔とは違い、本田はCSKAモスクワでCL決勝トーナメントも経験している完成されたフットボーラーだ。ミランが彼を獲得したのはアジアマーケット拡大や営業収入増という目的も大きかったが、それだけのために来た選手でないとイタリアメディアはみな分かっている。最も能力を発揮できるのがトップ下だというのも多くの関係者の共通認識だ。

 その位置で使われないだけでも本田にとっては不幸なのに、やはりミランの10番という目立つ存在を自分で選んだがために、表立って批判される。10番の選手はどうしても得点を求められるから、不振の原因がチーム全体にあっても、本田がゴールを挙げていないだけですべての責任があるような扱いを受けるのだ。

 イタリアのメディアはとにかく喜怒哀楽が激しく、目先の出来事にとらわれすぎる傾向が強すぎる。最終的に優勝した82年スペインW杯の時だって、決勝の西ドイツ戦の残り1分までアズーリへ凄まじい批判を繰り返していた。本田はイタリアの新聞を読まない方がいいし、メディア側ももっと冷静に彼を見るべきだ」と自戒の念を込めて強調した。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top