無観客試合後、浦和社長・記者会見全文。報道されなかった質疑「なぜ名前を公表しない?」

無観客試合終了後、浦和レッズの淵田敬三社長は記者会見を開いた。だが、そのすべてが報道されたわけではない。今メディアに出ているのは一部のみだ。ここに全文を掲載する。報じられなかった重要な質疑も含まれている。

2014年03月25日(Tue)16時03分配信

text by 桑村健太 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , ,

淵田敬三社長、記者会見冒頭のコメント

無観客試合後、浦和社長・記者会見全文。報道されなかった質疑「なぜ名前を公表しない?」
『SPORTS FOR PEACE!』は公式ホームページでも掲載されている

「浦和レッズ代表の淵田でございます。本日、無事無観客試合を終了できまして全ての関係された皆さま方に、まず御礼と感謝を申し上げたいと思っております。

 特に、本日の趣旨をご理解いただいた浦和レッズのファン・サポーターの皆さま、そして清水エスパルスのファン・サポーターの皆さま。本当にありがたく思っております。

 また、両チームの選手も最後の最後までファイト溢れるフェアプレーをしていただいて、本当にありがたく思っています。このような状況の中でプレーすることは非常に難しいと思っていますけども、本当に最後まで戦ってくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。

 本日の試合を経験しまして、『サッカーはやはりサポーターがいないと寂しい』と、『サポーターの応援があって初めてサッカーなんだ』ということを痛感いたしました。二度とこのようなことを起こさないように、改めて肝に命じた次第であります。

 本日は、皆さま方も十分認識いただいたと思いますが、浦和レッズにとって再出発の日でございます。『SPORTS FOR PEACE!』。差別を撲滅して、断固として戦っていく浦和レッズに変わってまいります」

 続いて、淵田社長から資料が読み上げられ、『SPORTS FOR PEACE!』の説明があった後、質疑応答に移った。

1 2 3 4 5 6

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top