本田への伊紙・単独インタビュー全文掲載。「結果に満足していない。批判は当然」「重圧は好き、歓迎したい」

本田圭佑がついに沈黙を破った。現地紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに応じ、自分・チームの置かれている状況、クラブの未来などについて語った。全文を掲載する。

2014年04月05日(Sat)17時35分配信

text by 編集部 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , , , ,

「美しいサッカーをして、サポーターにスタジアムに来てもらいたい」

 5日付イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」でACミラン本田圭佑がインタビューに応じた。近日中にリーグ戦初ゴールに自信を浮かべた背番号10はクラレンス・セードルフ監督の右サイド起用にも納得。日本企業からミランにスポンサーが集まるジャパンマネーについても歓迎している。

 以下、インタビューの内容をお届けする。

 イタリア人が日本人のイメージについて考える。まずは礼儀正しい、プロ意識が高い。熱心に練習する。節度を保ち冷静沈着であることを大事にしている。本田圭佑は礼儀正しく、プロ意識が高く、熱心に練習する、節度を保って沈着であることに固執する。しかし、ステレオタイプを変えようとする。日本人は笑いが好きで、お笑いの芸人のテレビ番組がとても人気があると語った。

「お笑い芸人だって、仕事が終われば真面目に戻る。彼らは人を笑わせるために(人知れず)懸命の努力を重ねている」

milan
ACミラン公式ホームページ

――本田圭佑はすでにミランに2つの日本の企業をひきつけて、(ひとつは富士通、もう一つの企業名は近日発表)年間200万ユーロをミランにもたらした。ユニフォームもたくさん売れた。技術的に選手を評価する前に誰かはビジネスのことを話すのは、気に入らないでしょうか?

「なぜ僕が怒ることがある? ミランにお金が入るなら、僕はとても嬉しい。でも今は(チーム状況が)そんなに簡単ではない」

――複雑な時期に移籍してきた。今季の結果はいいとは言えないし、観衆も少ない。

「環境を評価することはできない。僕のサンシーロに対する見方は今と昔も変わらない。いい試合ができれば、もっと観客が来てくれる。美しいサッカーをして、サポーターにスタジアムに来てもらいたい。それは僕の野心・希望のひとつ。

 結果に関しては自分たちの誰も満足していない。でも自分たちの仕事は継続的であり、成長もしている。ミランでプレーすることは難しいのはわかっていた。でも、いつも夢見ていたクラブだから選択した」

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top