一定の評価も現地紙は本田にさらに高い要求。「ゴールで目覚めるまで、散歩してぼんやり夢うつつ」

セリエA初ゴールから一夜明け、イタリア現地紙は本田圭佑に一定の評価を与えた。採点はほぼ及第点以上だったが、ゴールを決めるまでの動きには不満なようだ。目覚めていないと指摘した。

2014年04月08日(Tue)15時24分配信

text by 編集部
Tags: , , , , , ,

「イタリアリーグの闘争のリズムがまだ分かっていない」

 8日付のイタリア地元紙は7日ジェノア戦でリーグ戦初ゴールを決めた本田圭佑に及第点を与えた。ゴールを決めるまではほとんど見せ場を作れなかったために、満場一致の高評価とはいかず。3紙ともMVPはライバルの左攻撃的MFのアデル・ターラブが選出されている。

「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は『6.5点』。寸評は「ゴールの後、プレーはよくなった。イタリアでは2ゴール目、セリエAでは初ゴール。でも守備はもっとやらなくてはならない」とし、得点以前のプレー、そして、守備面での乏しさを指摘した。

 MVPはGKのアビアーティの『7点』。先制点のMFターラブも『7点』だった。

「コリエレ・デロ・スポルト」紙も『6.5点』で並んだ。

「攻撃に出るアントネッリにこの日本人は常に続けてやられていたが、100m走者のごとく、生き生きと2点目のゴールを決めにいった。リーグ初ゴールとなった」

 相手の左サイドバックのDFルカ・アントネッリとの攻防で不利に立たされたことを厳しく指摘しながらも、ゴールを狙う際のアグレッシブさは評価の対象としていた。やはり、MVPはアッビアーティとターラブの『7点』で、本田はそれに次ぐ高い評価だった。

 一方、「トゥット・スポルト」紙は6点。

「イタリアリーグの闘争のリズムがまだ分かっていない。ちょっと散歩して、ちょっとぼんやり夢うつつでいた。ターラブのアシストでゴールを決めてセリエA初ゴールを決めて、目覚めるまでは」と辛辣だった。

 MVPはターラブの最優秀『7.5点』。最低点はFWパッツィーニの『5.5点』で本田はそれよりも1つ上の評価に留まった。

【了】

関連リンク

フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日
本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性
高校サッカー監督術 育てる・動かす・勝利する

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top