ドイツ誌が見たW杯日本代表。本田・岡崎ら評価する一方でDFとFWを不安視。グループは2位争いの予想

ドイツの二大スポーツ誌「SportBild」と「Kicker」。両誌は日本代表をどう見たのか? 長所や短所など詳細な分析が掲載されている。

2014年06月08日(Sun)10時22分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

「コートジボワールと日本が2位の座を争う」

 街中の至る所で緑と黄、ブラジルの色が目に飛び込んでくる。ドイツはすっかりW杯モードに突入した。書店の雑誌コーナーにもブラジルW杯を特集するものが、雨後の筍のように、日に日に増えていく。普段は見慣れない期間限定のものもあれば、W杯に特化したおなじみのものもある。そしてその中ではもちろん日本代表も特集、紹介されている。少し覗いてみよう。

 2014年5月28日付のSportBild誌には、「WM2014 GRUPPE A-D(W杯2014 グループA-D)」という別冊が挟み込まれていた。ごく簡単に言ってしまえば、グループAからDに組み分けられた出場国を紹介するものである。

 ページをめくれば、まずグループ毎にSportBildによる展望が記され、続いて要注意のスター選手がピックアップされている。

 日本の入ったグループCの展望は、「ストライカー・ファルカオの脱落は大いに考えられる(5月28日の時点ではファルカオの欠場は確定していなかった)が、コロンビアがこのグループの本命であり、ベスト16へと進む。コートジボワールと日本が2位の座を争い、両チームによる初戦でほぼ決着がつけられる」となっている。

 そしてハメス・ロドリゲス、ドログバ、ヤヤ・トゥーレらとともに、香川真司、本田圭佑が顔写真入りで要注意のスター選手として取り上げられていく。そして国毎の紹介ページへと移る。

 日本代表は、「Ein Torjager gesucht(探し求められるストライカー)と大きな見出しを付けられ、岡崎慎司の大きな写真と、白い歯を見せる大久保嘉人の写真が掲載された。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top