コルドバはなぜハーフナーを獲得したのか? 現地記者が分析する資金面・戦力面で必要だった理由

ハーフナー・マイクがリーガ・エスパニョーラに挑戦する。今シーズン46年ぶりに1部復帰を果たしたコルドバにフリー移籍を決めたが、即戦力として期待は大きい。目の肥えたアンダルシアのファンを魅了することが出来るのだろうか。

2014年07月24日(Thu)10時30分配信

text by 一色伸裕 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

バルサBに代わって昇格プレーオフに出場。7位から1部昇格を決める

 リーガ・エスパニョーラに所属するコルドバは今月21日、フィテッセ(オランダ)からFWハーフナー・マイクを獲得したと発表した。2年契約で、1年間延長できるオプションがついている。

コルドバはなぜハーフナーを獲得したのか? 現地記者が分析する資金面・戦力面で必要だった理由
リーガ・エスパニョーラに所属するコルドバはハーフナー・マイクを獲得したと発表【写真:Getty Images】

 スペイン南部のアンダルシア州にあるコルドバは、セビージャ、マラガに次ぐ同州第3の都市。かつてイベリア半島を支配したイスラムの文化を色濃く残し、世界遺産の史跡を有する日本人にも知られた観光都市である。

 ここに本拠地を置くクラブは昨季のリーガアデランテ(2部)で7位に終わったものの、バルセロナB(Aチームが1部所属のため昇格の権利を保有しない)に代わってリーグ6位までが出場できる昇格プレーオフに出場。

 ムルシア、ラス・パルマスと立て続けに下し、1部リーグ復帰を決めた。71-72シーズンを最後に2部、3部の間を行き来してきたクラブにとって、実に42年ぶりの1部復帰となった。

 チームを率いるアルベルト・フェレール監督は、現役時代はバルセロナやチェルシー(イングランド)でプレーし、スペイン代表としても活躍したDFだった。指導者としては2010―2011シーズンにフィテッセを率いた経験を持つ。

 同監督は、今年2月のパブロ・ビジャ監督の成績不振による退任を受け指揮官に就任(26節だけルイス・カリョン監督代行がチームを指揮)。22チーム中13位と低迷していたチームを立て直し、リーグ7位まで順位を押し上げると、最終的には昇格を達成した。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top