初めての埼スタに奮い立った鹿島・DF昌子源。大先輩の相手エースに食らいつく

1-1の引き分けに終わった浦和レッズと鹿島アントラーズの一戦。鹿島としては2試合連続ドローの中で勝利を掴み、勝点3を積み上げたいところだった。しかし浦和の強力な攻撃、特に元鹿島の興梠には苦しめられた。

2014年07月28日(Mon)14時30分配信

text by 青木務 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , , ,

相手の質の高い動きに後手を踏んだ鹿島の若手CB

初めての埼スタに奮い立った鹿島・DF昌子源。大先輩の相手エースに食らいつく
興梠慎三【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 やはり浦和は強かった。ボールを保持しながら厚みのある攻撃を仕掛け、複数の選手によるコンビネーションは質の高いものだった。

 中でも鹿島のセンターバック・昌子源が警戒していたのは、興梠慎三だった。2012年まで鹿島に在籍していた相手エースの実力は、昌子も十分わかっていた。「慎三さんを意識していた」と気合十分で試合に臨んだ。しかし、浦和の先制点を決めたのはこの男だった。

 前半20分、柏木陽介のCKから最後は興梠が詰めてゴールが生まれた。鹿島は前節、セットプレーから2点を失っており、「試合前のミーティングでも気をつけようと話していた」中でまたしても決められた。

 先制点を奪われてしまったが、その後も昌子は興梠に食らいつく。しかし、巧みなポストプレーやキレのある動きにはかなり手を焼いた。

「あの人には仕事をさせたくなかったですけど、大抵、ポストプレーされてしまった。相変わらず上手いですね、あの人は。一見やる気なさそうやねんけど、なんかふわ~っとしてるのに上手い」

 再会した先輩のプレーに改めて驚かされた昌子は試合中、興梠に対して常に後手を踏んでいたという。

「一瞬がやっぱり速い。今日はヨーイドンがなかったけど、一瞬でいい動きをしてくる。裏に来るのか、足下で受けるかがわからないから、全部俺がリアクションになってしまう」

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top