日本代表アギーレ新監督が来日会見「基本システムは4-3-3。守備を固めて勝利を目指す」

2014年08月11日(Mon)19時28分配信

photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , , ,

日本代表アギーレ新監督が来日会見「基本システムは4-3-3。守備を固めて勝利を目指す」
日本代表のハビエル・アギーレ新監督【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 日本代表のハビエル・アギーレ新監督が11日、来日後に都内で記者会見を行った。会場には多くの報道陣が詰めかけ、スペインからもメディアが出席するなど関心の高さが伺える会見となった。

 アギーレ監督は、日本代表を率いる上で「4-3-3-から5-2-3など他の形に変化することもある。しかし、ベースは4-3-3を考えている。状況に応じて3-4-3など様々な形を使い分けたい」と語っていた。また、その4-3-3のシステムで重点を置くのは「守備を固めて勝利を目指す」ことだという。

 アギーレ監督がスペインで率いたオサスナやアトレティコ・マドリー、サラゴサ、エスパニョールといったクラブやメキシコ代表でも前線からのプレッシングやアグレッシブな守備からのショートカウンターが特徴だったため、自らのスタイルを貫く意志を示したと言える。

 また、選手選考に関しては「海外、国内でプレーしている全ての選手に扉が開いている」とし、「将来性のある選手」をポイントにしていると語った。さらに、今後については「今一番やりたいことは、Jリーグの視察」と、まずはJリーグの選手を把握することを最優先事項に掲げた。

 自らが語ったように国内外の選手全てをオープンにした上で、9月5日に予定されているウルグアイとの親善試合のメンバーを決定するという。

【了】

関連リンク

フットボールチャンネル03 代表23人が語る 敗北の真実
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
前セレッソ大阪監督『レヴィ―・クルピ』名伯楽が初めて明かす「若き才能の磨き方」
タイトルという形で恩返しを
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.
W杯ハイライト動画、全試合観るならこちら!

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top