香川真司のドルトムント復帰が決定。獲得に迷いなかったクラブ、本人も喜びの声「BVBは家族のような存在」

2014年09月01日(Mon)1時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20140901_kagawa_getty
香川真司のドルトムント復帰が決定【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドに在籍していた香川真司のボルシア・ドルトムントへの移籍が正式に決定した。8月31日、クラブが公式サイトで発表。2018年6月30日までの4年契約だという。

 2010年にセレッソ大阪からボルシア・ドルトムントへと移籍した香川真司。約2年間で49試合に出場し、21ゴールをあげた。数々のタイトルをもたらし、2012年の夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドへと去ったが、ドイツ時代のような活躍はできず、リーグ戦38試合出場6ゴールにとどまっていた。

 ドルトムントのスポーツダイレクター、ミヒャエル・ツォルク氏は「マンチェスター・ユナイテッドから移籍の話が出たのはほんの数日前」と語る。決断まではわずかな時間しかなかったが、「我々はその素晴らしい才能を再びチームへ加えることを決めた」と獲得に迷いがなかったことを明かしている。

 香川本人も公式サイト上で「クラブを去る日、『僕の人生におけるボルシア・ドルトムントでの歩みは終わっていない』と話した。僕はプレミアリーグでプレーしたいという夢を叶えたかった。でも、今はドルトムントという素晴らしいチームと特別なファンのもとに戻れて、すごく嬉しい。BVBは家族のような存在。彼らが僕を忘れず、また迎え入れてくれたことを誇りに思う」と喜びの声を伝えた。

 双方にとって幸福な移籍と言えそうだ。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top