イタリア人記者がキエーボ戦の本田を絶賛「今のミランから外すのは難しい」「彼は“当たっている”」

10月4日、セリエA第6節。ACミランはホームでキエーボを2-0で下した。日本代表の本田圭佑は先発出場。チーム2点目となるゴールをフリーキックで決めた。試合後、現地イタリアの記者は本田のプレーを絶賛した。

2014年10月05日(Sun)10時16分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , ,

「左足でも、右足でも、頭でもプレースキックからでも得点が出来る」

イタリア人記者がキエーボ戦の本田を絶賛「今のミランから外すのは難しい」「彼は“当たっている”」
キエーボ戦で素晴らしい左足のFKでゴールを決めた本田圭佑【写真:Getty Images】

 10月4日、セリエA第6節のキエーボ戦で素晴らしい左足のFKでゴールを決め、パルマ戦以来4試合ぶりの勝利に大きく貢献した本田圭佑。このパフォーマンスは、辛口の地元記者たちを唸らせるものだった。

「いや、もう間違いなく今の彼は全く別の選手になった」

 そう語るのは、批評が鋭く選手採点もかなり辛口の傾向にある「コリエレ・デッロ・スポルト」のピエトロ・グアダーニョ記者だ。結果を残せないときは表現を選ばず辛辣だが、この日はピッチのパフォーマンスを忠実に見た上で、理知的に評価していた。

「とりわけフィジカル面での向上が著しい。この試合でも良く現れていて、ミランがキエーボの前に消耗させられた前半で、苦しさを訴えていない選手の一人だった。実際彼も相当ハードな当たりを食らっていたが、あれに耐え切ったしね。

 加えて右サイドからも何度か攻め込んでいた。彼にとって利き足のサイドではないのだけど、シュートで完結出来ていたし、点に絡む仕事もしていた。ガッリアーニ副会長も言っていたように、この夏に十分休養を取り、そしてハードにトレーニングした成果が出ているのは明らかだ。

 おまけに、とりあえず今晩(4日)の時点で得点ランキングトップに並んだ。左足でも、右足でも、頭でもプレースキックからでも得点が出来る。もうこうなったら、今のミランから彼を外すのは難しいだろうね」

 もっとも「内容は、これまでの試合と比べれば良くはなかったと思う」という記者もいた。一般紙「ラ・レプッブリカ」のステファーノ・スカッキ記者は「相手の当たりも激しく、ゴール前ではこれまで見せて来た正確性を出しきれていなかった」と、アタッキングサードでチャンスを作り切れていなかった面があったことを指摘した。

 しかし、その状態でもFKのワンチャンスを決め切ったことは評価している。

「苦しい内容の中でも一つのチャンスがあれば、あのFKのように決めてしまう。やはり今、彼は“当たっている”ということだ。交代の時に不満を表していたようにも見えたが、それだけ自分の状態に自信があるということの表れなんだろうね」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

本田に生きる道はあるか?
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日
代表23人が語る 敗北の真実
ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top