FK弾の本田に伊紙が最高の評価「ミラン、HONDAに乗る」「筆で描いたようなFK、チームの中心」

セリエA第6節が4日(現地時間)に行われた。ACミランはキエーボと対戦し、2-0で快勝した。勝利に貢献した本田圭佑は現地メディアではどう評価されたのか?

2014年10月05日(Sun)12時48分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

20141005_honda3_getty
本田圭佑の現地での評価は?【写真:Getty Images】

 現地時間4日、セリエA第6節が行われ、ACミランはホームでキエーボと対戦。MFサリー・ムンタリのゴールと本田圭佑のFKで2-0と快勝した。本田はこれで今季6試合出場4ゴール。

 試合後『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の採点で、本田はチーム最高となる「7」の評価。

 同紙は「ミラン、“本田”に乗る」という見出しを掲載。現地で「Honda」は「オンダ」と発音され、“波”を意味する「onda」というイタリア語、さらには日本の自動車メーカーと掛けて、本田がチームを牽引したことを伝えた。

 本田のFKについては「筆で描いたような軌道のFK」と絶賛。さらに「1点目の起点にもなった」「ミランの中心」と文句なしの評価となった。

 この試合のMVPには本田と同じく「7」と採点されたFWジェレミー・メネズが選ばれた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道
本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性
サッカー好きほど知らない戦術の常識
ドイツが独自に試みる「個」へのアプローチ「ライフキネティック」理論とは何か?

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top