時代の終焉。インテルがモラッティ名誉会長の辞任を発表

2014年10月24日(Fri)8時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

時代の終焉。インテルがモラッティ名誉会長の辞任を発表。
マッシモ・モラッティ氏がインテル名誉会長を辞任【写真:Getty Images】

 インテルは現地時間23日、前会長であるマッシモ・モラッティ氏が名誉会長を辞任したことを発表した。これで、モラッティは完全にインテルから離れることとなる。

 モラッティは95年2月にインテル会長に就任。以降、積極的な補強とクラブ愛溢れる発言でファンに愛されてきた。同会長が獲得した主な選手は前キャプテンのハビエル・サネッティ、ロベルト・バッジョ、ロナウド、アルバロ・レコバ、ルイス・フィーゴなど。

 また、2006年に発覚したカルチョーポリ(審判買収疑惑)以降、インテルはセリエAの王者に君臨し、5連覇を達成した。2010年には現チェルシーの指揮官であるジョセ・モウリーニョ監督の下、チャンピオンズリーグを制覇した。

 モラッティ氏が会長を務めた1995年から2013年までの間(2004年から2006年はジャチント・ファッケッティ氏が会長を務めた)にインテルが獲得したタイトルは実に15に及んだ。

 2013年11月にインドネシア人のエリック・トヒルが会長に就任してから、モラッティ氏は名誉会長を務めていた。

 現在、インテルはセリエAで9位と停滞中。トヒル会長の下、巻き返しを図ることは出来るのだろうか。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top