カーン氏、ドルトムントのFWインモービレ獲得を疑問視。「コンセプトに合っていない」

2014年10月28日(Tue)9時43分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20141028_kahn_getty
インモービレ獲得を疑問視するカーン氏【写真:Getty Images】

 ハノーファーに敗れ4連敗と泥沼に陥ってしまったボルシア・ドルトムント。元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏は、その原因の1つがバイエルン・ミュンヘンに移籍したFWロベルト・レバンドフスキの穴が埋まっていないことだと、26日の『スカイ』の番組で語っている。

 番組内で同氏は、昨季ブンデスリーガ得点王であるレバンドフスキに代わるFWの獲得方針について疑問を呈した。

 今季、ドルトムントが獲得したFWは、アドリアン・ラモスとチーロ・インモービレの2選手。カーン氏は、選手獲得について「最適とは言えない」と、コメント。続けて、具体的にインモービレの名を挙げ「ユルゲン・クロップのコンセプトに合っていない」と見解を述べている。

 インモービレは、昨季セリエAの得点王。実力はすでに証明されている。しかし、ドルトムントに移籍してきた今季は、公式戦11試合で4得点。リーグ戦では、9節の時点でまだ2得点と苦しんでいる。

 その同選手に対し、同番組にゲスト出演していたローター・マテウス氏も「ドルトムントの早いテンポで崩すサッカーとは合わない」と、賛同。「インモービレはペナルティエリア内で構えるストライカーだ」と、述べている。

 カーン氏は「ドルトムントに必要なのは、前線を動き回るFWだ」と話すが、そう簡単にレバンドフスキのようなFWが見つかるはずもない。ドルトムントが泥沼から脱出するには、そのインモービレの爆発に期待するしかない。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top