大一番、香川先発へ。意気込むドルトムントの選手たち「バイエルン戦で自信つかむ」「最大限怒らせたい」

本日行われるバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントの一戦。香川真司は先発が予想されている。昨季までは優勝を争う試合だったこのカード。不調のドルトムントにとっては、再び上を向くための重要な戦いとなる。選手たちのこの一戦に懸ける思いは強い。

2014年11月01日(Sat)14時00分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

香川はツー・シャドーの一角か?

大一番、香川先発へ。意気込むドルトムントの選手たち「バイエルン戦で自信つかむ」「最大限怒らせたい」
香川はザンクトパウリ戦と同様、ツー・シャドーの一角での先発が予想されている【写真:Getty Images】

「胸を張って」と見出しを付けたのは、2014年10月30日付のルール地方の地元紙レヴィアシュポルトである。

 同紙はまた8月のスーパーカップで競り合うバイエルンのボアテングとドルトムントのインモービレの写真を掲載して、「シーズンの開始にあたって、ドルトムントの選手達はFCバイエルンに対してフットボールがプレー出来るという意思を示した。土曜日にチーロ・インモービレと仲間達はその成果に結び付けることが出来ると良いが」と記した。

 8月13日にスーパーカップでドルトムントはバイエルンに2-0で勝利を収めている。11月1日にドルトムントはアウェイでバイエルンと今シーズンの公式戦では2度目の対戦となる。

 レヴィアシュポルト紙によるバイエルン戦の先発メンバー予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。

【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、スボティッチ、フンメルス、ソクラティス、【MF】ベンダー、ケール、ムヒタリヤン、香川真司、ロイス、【FW】オバメヤン。香川は先発が予想されている。

 また30日付のキッカー紙によるバイエルン戦の先発メンバー予想は次のとおり。布陣は4-3-2-1である。

【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、スボティッチ、フンメルス、ソクラティス、【MF】ムヒタリヤン、ケール、グロスクロイツ、香川真司、ロイス、【FW】オバメヤン。香川はザンクトパウリ戦と同様、ツー・シャドーの一角での先発が予想されている。

 そのザンクトパウリ戦での3-0という結果をもって、レヴィアシュポルト紙は「いずれにせよバイエルンとの強豪対決に向かってドルトムントの選手達は強くなる。スーパーカップ(の勝者であるドルトムント)は自信を返還しうる」とする。

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top