FIFAスポンサーからソニー撤退? カタールW杯誘致に関する汚職疑惑でイメージダウン懸念…後釜はサムスン有力

2014年11月03日(Mon)17時52分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

20141103_FIFA_getty
汚職の疑いがあるFIFA【写真:Getty Images】

 日本大手電機メーカーの「ソニー」がFIFAのメインスポンサーから降りるかもしれない。3日発売のドイツ紙『デア・シュピーゲル』が報じている。

 2018年のロシアW杯と2022年のカタールW杯の開催地決定をめぐり、汚職の疑いがあるFIFA。それに対して、イメージを損なう恐れがあるという理由で、2大メインスポンサーの「ソニー」と「エミレーツ航空」が撤退する可能性があるようだ。

 同紙によれば、「ソニー」は2014年の12月31日までFIFAとの契約があり、残り2か月で切れるという。チャンピオンズリーグ(CL)などの多くのスポンサーを手掛ける「ソニー」が撤退となれば、FIFAにとって大きな損失だ。

 加えて、8年間メインスポンサーを続けてきた「エミレーツ航空」も撤退が決定的。両スポンサーの撤退による損失は約5億ドル(約560億円)と言われており、FIFAは早急に次のスポンサー探す必要がある。

「ソニー」に関しては、契約延長交渉中といわれているが、韓国の大手電子メーカー「サムスン電子」も興味を示しているようだ。

「エミレーツ航空」の代わりは「カタール航空」が務めることが濃厚な様子。皮肉なことにイメージ回復どころか、汚職疑惑にさらに拍車がかかりそうだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top