「小学生時代から人並みはずれた選手だった」――。柴崎岳が歩んだプロへの階段

12月5日発売となる、『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.35』(カンゼン刊)では、柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)が小学生から中学・高校へとプロへの階段を登るにあたり、どう過ごしていたのかを特集している。ここでは、その一部を抜粋して掲載する。

2014年12月04日(Thu)10時10分配信

text by 鈴木康浩 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

小学生時代から他とは次元が違った

「小学生時代から人並みはずれた選手だった」――。柴崎岳が歩んだプロへの階段
柴崎岳【写真:Getty Images】

 鹿島アントラーズで不動の中心選手となり、そして、日本代表でもついに遠藤保仁選手の後継者として揺るぎない居場所を見つけようとしている選手がいる。柴崎岳選手だ。

 柴崎選手は小学生のとき、地元青森県の野辺地SSSでプレー。青森県大会での優勝に貢献すると、その後は青森県や東北で絶対的な実績を誇る強豪校の青森山田中学、そして青森山田高校でサッカーに励み、卒業後に鹿島アントラーズ入りを果たした。

「決してガリ勉タイプではなかったですが、自分のプラスになると思ったものは黙々と努力をして取り入れる選手でした」

 そう当時を振り返るのは青森山田高校サッカー部の黒田剛監督だ。黒田監督は青森山田中学サッカー部の総監督も務めているため、柴崎選手の存在は彼が小学生のときから知っていたという。

「小学生のときから非常に周りが見えていて、まるで次元が異なるプレーをしていたのを覚えています。彼の最大の特徴は、360度近い視野を持っていて、すべての選択肢のなかから一番いいものを選んで、そこに正確にパスを出せる技術があるということ。

 それは中学や高校時代にも群を抜いていました。彼は小学生のときに将来はプロのサッカー選手になることを決めていて、親元を離れて青森山田に入学してサッカーに励もうとしていました。

 ご両親は柴崎のことが心配で一度は入学を諦めさせたようですが、本人の強い希望もあって『やはり入学させていただけますか?』と直接電話をしてこられたんです。

 私はご両親の子どもへの思いをしっかりと受け止められたものですから、柴崎の能力の高さを知っていたこともあり、その電話越しに『必ずプロにしますね』と約束したのを覚えています」


続きは『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.35』にてお楽しみください

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

じゅにさか35

『ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.35』
定価1320円

「僕らがサッカーボーイズだった頃~Jリーガーのジュニア時代~」
中島翔哉(FC東京・U-21日本代表)
【特集1】武藤選手も柴崎選手も実践した!!『文武両道』で上に行く!
・サッカー選手の進路図鑑 大学編・Jユース編・高卒編
【特集2】ボールを持っても慌てないプレーヤーを目指す!
・JFAアカデミーが教える個人戦術

詳細はこちらから

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top