マンチーニ監督、逆転失敗を悔やむ。ポドルスキ投入は「違いを作った」

2015年01月07日(Wed)8時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

マンチーニ監督、逆転失敗を悔やむ。ポドルスキ投入は「違いを作った」
逆転失敗を悔やむロベルト・マンチーニ監督【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAの第17節が現地時間6日行なわれ、インテルはアウェイでユベントスに1-1と引き分けに終わった。指揮官のロベルト・マンチーニ監督はチャンスを作りながらも逆転することができなかったチームを悔やんでいるようだ。イタリアTV局『スカイ・スポーツ』が報じた。

 指揮官は試合後のインタビューで「難しい試合だった。しかし、我々は悔やまねばならない」と大一番を振り返った。

「勝利のためのチャンスをものにできなかった。後半はうまくやったね。試合は90分だ。前半はもっと失点する可能性もあったけれど、後半はもっとゴールを決めなければいけなかった」

 また、試合中のマウロ・イカルディとパブロ・オスバルドの口論については「ノーコメント」と沈黙を守った。

 この試合で新加入のルーカス・ポドルスキは途中出場によってインテルデビューを果たした。指揮官は同選手の投入がチームに良い影響を及ぼしたと言及している。

「彼の投入で我々はプレーをコントロールできるようになった。特にサイドにおいてね。前線においてユベントスを上回り、違いを作ることができたんだ」

 宿敵ユベントスに引き分けに持ち込んだチームのメンタリティについては、「満足している」と喜びを語った。一方で、「ローマに敗北した時から変わっていないよ」とチームに時間が必要であることを強調した。

「ハードワークし続けることが必要だ。そうすれば、ミスを克服することができる。また、我々はインテルだからゴールを確実に決めなければならない。偉大なチームはチャンスを逃さないんだ」

 最後に指揮官は獲得が噂されるシェルダン・シャキリについて聞かれると、「早くことが動いてほしいことは明らかだが、成立するかはわからない」と述べるにとどまった。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top