退団決意のジェラード「夏にオファーがあればサインしていた」

2015年01月07日(Wed)15時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

退団決意のジェラード「夏にオファーがあればサインしていた」
ジェラードは改めてクラブへの思い入れを語った【写真:Getty Images】

 スティーブン・ジェラードは今シーズン限りでリバプールからの退団を発表した。その後アメリカへの移籍を明言し、話題となっている。

 ジェラードは6日、リバプールの地元紙『リバプール・エコー』の中で、「もしプレシーズンに契約を持ちかけられていたらサインしていただろう」と、胸の中を明かしている。

 実際には夏のうちにオファーが届くことはなかった。リバプールがジェラードに対して契約延長の打診をしたのは昨年11月。「僕には夏から11月まで、考える時間がたくさん与えられた」と振り返っているが、それでも「不満は全くないし、怒ってもいない。クラブには他にも気にかけるべきことがあった」と、クラブの判断を尊重した。

「監督はもちろん、クラブの誰に対しても非難する気持ちはまったくないよ」

 改めてリバプールに対する愛情を語ったジェラード。退団発表後の初の試合となったFAカップのウィンブルドン戦では2得点と、その存在感を発揮していた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top