香川の言葉で振り返る前半戦。徐々に膨らんだ違和感、チームは奈落へ。それでも残された復調への希望

今夏、ドルトムントへの復帰を果たした香川真司。しかし、チームは勝利に見放され、自身も輝きを放てないまま前半戦を終了。そんな状況の中、香川はどんな言葉を残したのか。香川のコメントとともにドルトムントの前半戦を振り返る。

2015年01月09日(Fri)10時13分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , ,

「もっともっと良くなる」。意欲に満ちていた復帰直後

 心は、折れかけていたのかもしれない。

「こんな厳しい状況になるとは、ちょっと想像していなかった」

香川の言葉で振り返る前半戦。徐々に膨らんだ違和感、チームは奈落へ。それでも残された復調への希望
電撃的に帰還した香川真司は、復帰後初戦となブンデスリーガ第3節のフライブルク戦で1ゴールと早々に結果を残す【写真:Getty Images】

 CLグループD最終戦、ホームでのアンデルレヒト戦の後で、香川真司はそう口にした。2014年12月9日、ドルトムントはCLでこそグループリーグを首位通過したものの、リーグ戦では14節を終えて4勝2分8敗の14位と低迷していた。

 一歩一歩、順調に階段を登っているようだった。マンチェスター・ユナイテッドからボルシア・ドルトムントへと電撃的に帰還した香川真司は、復帰後初戦となる9月13日、ブンデスリーガ第3節のフライブルク戦で1ゴールと早々に結果を残す。

 一方で、64分にはピッチを退いた。まだコンディションは万全とは言い難かった。

 続く20日の第4節マインツ戦でも、65分に途中交代となっている。それでも試合を終えたときには、香川は「今日はもう感覚的には良かった」と振り返っている。

「(プレーの)精度を試合を追うごとに上げていかなきゃいけない」、「自分のコンディションも、もっともっと良くなると思っている」、「次の試合に向けてどんどんもっとやって行きたい」

 かつて慣れ親しんだとは言え、マンチェスターとはまた違う環境に飛び込んで来た香川は、再び輝きを放とうとする意欲を言葉の端に残した。

 その後も「感覚的には良かった」という言葉が示す復調の気配は、継続的に形となっていく。

 9月27日第6節シャルケとのルール・ダービーは、1-2というスコアの中で57分からの途中出場となったが、内田篤人も「他の選手の動き出しが早くなる」と評したように、鋭いターンを見せながら流れをドルトムントに引き寄せた。

 続く10月1日、CLグループD第2戦のアンデルレヒト戦では、インモービレの先制ゴールへのアシストを皮切りに、香川は「凄く手応えがあった」90分間をフル出場し、マン・オブ・ザ・マッチに輝く。

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top