「プロですから」。連係確立への自信。偉大な先輩・中山雅史に見せた本田のプライド

ついにアジア杯が開幕した。12日には、日本代表の連覇へ向けた戦いもスタートする。そのカギを握るのは本田圭佑。試合会場での練習後、中山雅史氏との掛け合いに意地とプライドをのぞかせた。

2015年01月10日(Sat)9時00分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

初戦の地・ニューカッスルへ移動

20150109_honda_getty
連覇のカギを握る本田圭佑【写真:Getty Images】

 2015年アジアカップ(オーストラリア)が9日のオーストラリア対クウェート戦で開幕した。

 ホスト国は開始早々にリスタートからまさかの失点を食らったが、そこから4ゴールを挙げて逆転勝利。順当に勝ち点3を手に入れた。

 4年前のカタールでこのオーストラリアとファイナルで死闘を演じ、李忠成(浦和)の劇的決勝弾で勝ち切った日本としては、ライバルに後れを取ることは許されない。3日後に迫った12日の初戦・パレスチナ戦では確実に勝利をモノにする必要がある。

 その日本代表は8日にセスノックでの事前合宿を打ち上げ、初戦の地・ニューカッスルへ移動。9日は試合会場のニューカッスル国際スポーツセンター横のグランドで非公開練習を行った。

前日帰国した中島翔哉(FC東京)をのぞく23人の選手たちは本番を控えてフォーメーションやリスタートの確認などより実戦的なメニューをこなした模様だ。

 前回MVPで今回も日本の命運を左右すると見られる本田圭佑(ミラン)は、セスノック合宿最終日での和やかな取材対応を最後に大会突入まで無言を貫くと思われたが、この日もテレビインタビューに応じた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top