香川、新たな監督&チームで「自分の力を証明する。プロとして当たり前」

2015年01月10日(Sat)16時35分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20141118_kagawa_getty
MF香川真司【写真:Getty Images】

 アジア杯(オートラリア)に臨む日本代表は10日、初戦が行われるニューカッスルで練習を行った。

 MF香川真司は、フットバレーの最中に肘を強打したものの「問題ないです、全然」と軽傷を強調。2日後に控えたパレスチナとの初戦に向けて「モチベーションも徐々に上がっているんで、しっかり集中したい」と意気込みを語った。

 ここまで、日本代表はハビエル・アギーレ監督の下で6試合を消化。しかし、ザッケローニ監督時代とは異なるフォーメーションと戦術を採用しているため、真剣勝負のトーナメントで機能するかはまだまだ未知数。

 香川も「慣れるのに絶対、時間が必要」と、まだ完成形には至っていないことを示唆。それでも「この大会を通してさらに完成度をあげられるようにしたい」と試合をこなすことで成長することの重要性を示した。

 また、香川自身はインサイドハーフとして、ザックジャパンやドルトムントとは違った役割を与えられている中でも「自分の力を証明する。それはプロとして当たり前のこと」と決意を示し、「どこまでできるかっていうのが自分に求められている挑戦でもある」と闘志を燃やした。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

アギーレは「監督失格」か?
教訓 ザッケローニからアギーレへ

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top