マンCのランパード、NYシティ入団会見は詐欺行為?「夏には米国へ向かう」

2015年01月10日(Sat)21時49分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

マンCのランパード、NYシティ入団会見は詐欺行為?「夏には米国へ向かう」
フランク・ランパード【写真:Getty Images】

 英プレミアリーグのマンチェスター・シティに所属するMFフランク・ランパード(36)は、今季終了後にローン移籍を終え、夏に米メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFC(NYCFC)に入団することを明言した。9日の米紙『ニューヨーク・ポスト』が報じている。

 イングランドのレジェンドは公の場で「ここ数日間の嘘やナンセンスな報道を見て、自分の状況についてしっかりと明確にしたい」と述べた。

 そして、「昨季、契約満了でチェルシーを離れたあと、2015年1月1日から2年間NYCFCでプレーすることを決めた。その後、ベストなコンディションを維持するため、提携先のシティから練習する機会をオファーされた」と移籍の経緯を告白。

 さらに、「その期間は延長され、プレミアリーグのシーズン終了後にNYCFCでプレーを始めることになる。我々は最高の解決策を見つけるため、絶えず話し合いを行ってきた。今はNYでのプレーを心から楽しみにしている」と語った。

 7月の入団会見時には市内で記念パレードを開き、地元サポーターの期待と興奮を呼んだ。しかし、ランパードの契約状況はあまりにも適当なものだった。

 両クラブの親会社であるシティ・フットボール・グループ(CFG)の発表では、両者の間に存在したものは“契約”ではなく、ただの“個人同意”だったと弁明。いわば“口約束”のようなもので、公式の移籍手続きは行われていなかったようだ。

 極秘に進められたシティとのフルシーズン契約により、NYCFCは創設初年度の大事なシーズンで早くも非常事態に直面している。

 サポーター団体のリーダーは「我々が最も心配していることは、CFGがNYCFCへの興味を失ってしまうことだ」としながらも「NYCFCやリーグ全体が成長するため、我々も同様にランパードのような選手が必要なのだ」と、シティへの不満をほのめかした。

 両国内で批判の対象となっているシティ・グループ内での移籍問題。ランパードは年間チケットを新たに購入したサポーターの信頼を取り戻せるだろうか。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top