「どれだけ走れるか、犠牲になれるか」。初戦パレスチナ戦へ、長友が見せた悲壮な覚悟

ついに日本代表は、アジア杯の初戦でパレスチナを迎える。ここまでメディアに対して口を開かなかった長友佑都だが、その裏にはW杯の惨敗によって生まれた悲壮な覚悟があった。

2015年01月12日(Mon)10時10分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

合宿開始後、発言を自重した長友

「どれだけ走れるか、犠牲になれるか」。初戦パレスチナ戦へ、長友が見せた悲壮な覚悟
長友佑都【写真:Getty Images】

 オーストラリア、ウズベキスタン、韓国など優勝候補と言われる国々が順当に初戦を突破している2015年アジアカップ。12日にいよいよ初戦・パレスチナ戦(ニューカッスル)を迎えるアジア王者・日本の戦いぶりには、全出場国が注目している。

「現チャンピオンが日本です。そのタイトルを守りたいと思っています。自分たちのプレーに自信を持っています」とハビエル・アギーレ監督も連覇への強い意欲を改めて示した。

 12月29日の国内合宿スタートとから約2週間の調整期間を経て、本番にのぞむわけだが、その間、ほとんどメディアに口を開かなかったのが長友佑都(インテル)だ。

 年末の合宿開始直後は「ホントにコンディションが相当難しい。向こうは暑いし、試合は中3日くらいでずっと続いていくんで、体のケア、メンタルのケア、そのバランスが重要になってきますね。

 前回(2011年アジアカップ)決勝の時はあんまり体調がよくなくて、延長戦の時もすごくしんどかったんですけど、メンタル的にかなり安定していたのと乗っていたっていうのがあったんで、体がそれについてきたかなと。精神面が安定してれば、体はどうにでもついていけるかなと思います」と力強いコメントをしていた。

 だが、そこから集中モードに入ったのか、ペン記者の取材になかなか応じなくなった。多くを語ったのは1月4日のオークランドシティとの練習試合の後くらい。

 それ以外の日は、呼びかけても「すみません」とだけ答えて、ミックスゾーンを通り過ぎる日々が続いていた。パレスチナ戦前日の11日もテレビインタビューを受けた後、そのままスタジアムを後にしようとした。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top