“ゲームメイク”に苦悩する香川、本領発揮へ周囲に要求「パス&ゴーで前に」

2015年01月12日(Mon)20時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

“ゲームメイク”に苦悩する香川、本領発揮へ周囲に要求「パス&ゴーで前に」
香川真司【写真:Getty Images】

 日本代表は12日、アジア杯グループステージ初戦でパレスチナ代表と対戦して4-0で勝利を収めた。

 試合後、報道陣の取材に応えたMF香川真司は、自らのシュートから岡崎による2点を引き出すなど計3点に絡む活躍を見せたものの「僕的にはあまり良くなかった」と反省。「細かいミスがあったので修正しなければならない」と述べた。

 その修正点に関しては「3-0や4-0になった時点で相手が守備を固めてきて、攻撃の精度が上がらなかった。前半に関しても、前を意識するけど精度が伴っていないこともあった」と、自身もチームも精度が欠けていたことを指摘した。

 また、アギーレ監督の下ではインサイドハーフとして起用されているため、「どうしても出し手になる回数が多い」とし、「出しどころやタイミングに関しては、もっと試合を積んでいかないといけない」と、“ゲームメイカー”としての役割にまだまだ適応し切れていないことを明かした。

 それでも、「自分が出してから前にランニングして行くことは求めていく。それが自分の良さ」とした上で「パス&ゴーで、どんどん前に推進力を高めて次の試合はもっと貢献したい」と、自身のスタイルとは異なるインサイドハーフのポジションでも自らの持ち味を発揮していく決意を示した。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top