アジア連覇へ。アギーレジャパン、パレスチナとの初戦を4-0で制す

日本代表は12日、アジア杯グループステージ初戦でパレスチナ代表と対戦した。

2015年01月12日(Mon)17時52分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

大事な初戦を白星で飾る

20150112_nihon_getty
初戦を勝利で飾った日本代表【写真:Getty Images】

 大会連覇を目指す日本はGKに川島永嗣、DFは酒井高徳、吉田麻也、森重真人、長友佑都。MFはアンカーに長谷部誠、インサイドハーフに遠藤保仁と香川真司の3枚。そして前線は本田圭佑、乾貴士、岡崎慎司が並んだ。

 ゴールドの背番号を背負った日本は8分、早速スコアを動かす。最終ラインからのビルドアップでボールを運ぶと、乾のパスがフリーの遠藤へ。コースを狙ったミドルシュートがゴール左隅に決まり、日本が欲しかった先制点を奪った。

 日本のペースであることは変わらないが、その後はパレスチナにもボールを繋ぐ時間が生まれる。特にヌーマンはキープ力があり、突破は許さないもののボールを奪うことは簡単ではない。

 そんな中で迎えた25分、左サイドからの折り返しが流れると香川が右足ボレーを放つ。これを岡崎が頭でコースを変えて、日本が2点目を決めた。

 相手陣内でのプレーが長くなるも、パレスチナも人数をかけてブロックを作っており、攻めあぐねる場面が増える。それでも、乾の技術やインサイドハーフの飛び出しなどで相手を剥がしていく。すると44分、香川が倒されて得たPKを本田が冷静に決め、日本が前半だけで3点を奪った。

 後半開始から、日本は乾に代えて清武弘嗣を投入。そのまま前線の左に入った。

 49分、日本はゴール中央から遠藤がフリーでシュートを狙うもGKがセーブ。しかし、これでCKを得るとショートパスで香川に渡し、クロスを吉田が打点の高いヘディングで決めてリードを4点に広げた。

 58分、日本は遠藤に代えて武藤嘉紀を投入。清武がインサイドハーフ、武藤は前線の左サイドに入った。

 次第にファウルが増えたパレスチナは72分、マハイナが2枚目の警告を受けて退場となった。一人多い日本は80分、岡崎に代えて豊田陽平を投入。そのまま最前線でのプレーとなる。

 日本は後半なかば、セットプレーからヒヤリとする場面を作られた。試合を支配できない時間もあったが、それでも無失点で終われたことは評価できるだろう。大会連覇を狙う日本が4-0で勝利した。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top