パレスチナ人記者、日本を称賛「アジアNO.1で世界レベル。負けても恥ずかしくない」

2015年01月12日(Mon)20時25分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

パレスチナ人記者、日本を称賛「アジアNO.1で世界レベル。負けても恥ずかしくない」
アブドゥラ・ジャベル【写真:Getty Images】

 現地12日18時、日本代表はパレスチナ代表とアジアカップ初戦を戦った。試合は4-0と日本代表が大勝したが、パレスチナ人記者はこの試合をどう見たのか?「フットボール・パレスチナ(http://footballpalestine.blogspot.jp/)」というWEBサイトを運営するバッシル・ミックダディ(Bassil Mikdadi)記者は以下のように語った。

「日本はアジアでナンバーワンのチームであり、世界レベルのチーム。そのようなハイレベルなチームに負けるのは恥ずかしいことではない。

 ただ、あのような大敗は非常に残念だ。前半、パレスチナは考えられるすべてのミスを起こした。1失点目は守備陣のミスであり、もったいない。もっと上手く守ることができた。その後立て続けに失点し、私たちにとって残念なペナルティキックが与えられた。

 後半は良くなる時間もあったが、時すでに遅しといった感じだ。最後の5分、ゴール前に迫り、いいヘディングシュートもあった。あれは素晴らしかった。そういうガッツを見せることこそがこのチームの目指しているものだ。

 パレスチナでは14番のアブドゥラ・ジャベルが一番良かった。本田圭佑をしっかりとマークし、いつものような仕事をさせなかった。本田の効果を無効にしたと言っていい。

 日本では香川真司が一番良かった。多くの得点に絡み、攻撃で高いセンスを見せた」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top