遠藤、アジア杯単独最多18戦出場に「記録を伸ばしつつ王者になりたい」

2015年01月12日(Mon)21時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

遠藤、アジア杯単独最多18戦出場に「記録を伸ばしつつ王者になりたい」
重要な先制点を決めたMF遠藤保仁【写真:Getty Images】

 日本代表は12日、アジア杯グループステージ初戦でパレスチナ代表と対戦して4-0で勝利を収めた。

 大会連覇へ向けた第一歩となるこの一戦、重要な先制点を決めたのはベテランのMF遠藤保仁。試合開始わずか8分で決めた得点について「下がスリッピーだったので、フカさないようにってことと、枠ってことだけを考えて蹴った」と振り返った。

 その後、チームは順調に得点を重ねて4-0で快勝。難しい初戦での勝ち点3に「白星でスタートできたのは非常にいいこと。次勝てばね、まずは予選をほぼ突破できると思う」と胸をなで下ろした。

 また、この試合でアジア杯通算出場数が単独最多の18試合目となったことには「もちろんうれしく思う。これだけ長い間、代表にいない限りはそういう記録も抜いてない」とし、「やっぱりチャンピオンになりたい。まだまだその記録も伸ばしつつ、またみんなと喜び合いながらやっていければ」と、連覇への意欲を強めた。

 そして、次戦イラク戦に向けては「今日のゲームは忘れるべき」と気を引き締め、「みんな今日の試合だけで満足してないし、次の試合に向けて、良いコンディションで臨めるようにやりたい」と、さらなる調整を誓った。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top