ドルトムント、16歳の少年をキャンプに帯同。ゲッツェ2世か?

2015年01月14日(Wed)13時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ドルトムント、16歳の少年をキャンプに帯同。ゲッツェ2世か?
トップチームのキャンプに帯同しているフェリックス・パスラック【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントは10日からスペインのラ・マンガでトレーニングキャンプを開始。そこには弱冠16歳の少年が帯同しているようだ。13日のドイツ紙『ビルド』が報じている。

 帯同しているのはフィリックス・パスラック。ユルゲン・クロップ監督は、16歳ながらその才能に目をつけ、早くからトップチームで慣れさせようという目論見のようだ。

 ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)も「素晴らしい才能の持ち主だ。まだポジションは定まっていない。前線であればどこのポジションでもできる可能性を持っている」と、絶賛している。

 ただし、帯同の理由は「我々には(ピエール=エメリク・)オーバメヤン、(ヘンリク・)ムヒタリヤン、香川(真司)がいない」と、選手が足りないためだと説明。早くからトップチームへ昇格させるためではないと明かしている。

 しかし、クロップ監督はバイエルン・ミュンヘンのMFマリオ・ゲッツェ、MFヌリ・シャヒンなど積極的にトップチームに帯同させ、すぐに昇格させている。それらの選手は現在トップレベルの選手へと成長しているだけに、その真意は定かではないようだ。

 実際に13日に行われたFCシオンとの練習試合では、先発で最後まで起用している。

 怪我人も多く、選手を引き抜かれることが多いだけに、優秀な若手のいち早い成長が望まれるドルトムント。問題はパスラックは幼いころシャルケファンであり、試合に足を運んでいたということだと同紙は述べている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top