長谷部不在でポジション争い激化のフランクフルト、1枠を4人で争うことに

2015年01月22日(Thu)12時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

長谷部不在でポジション争い激化のフランクフルト、1枠を4人で争ことに

クラブでも欠かせない存在となっている長谷部誠【写真:Getty Images】

 フランクフルトはMF長谷部誠が不在で中盤のポジション争いが激化しているようだ。21日のドイツ紙『ビルド』が予想している。

 20日のヨルダン戦に勝利し、決勝トーナメントへと駒を進めた日本代表。決勝まで勝ち上がった場合には試合が31日に行われるため、招集メンバーはブンデスリーガ再開の初戦とミッドウィークの試合に出られない。

 同紙でも、決勝に行く確率は非常に高いと予想。フランクフルトでは、その長谷部に代わるMFが誰になるのか議論となっている。

 前半戦トーマス・シャーフ監督は4-4-2のシステムを採用しており、おもに中央のMFにはマルク・シュテンデラと長谷部を起用していた。そのため、アジア杯で抜ける長谷部に代わる守備的なMFの選考に苦労しているようだ。

 候補としてはマルコ・ルス、ヨハネス・フルム、マルティン・ラニヒ、スロボダン・メドイェビッチの4人。

 これについて、シャーフ監督自体は「いくつかのオプションはある。だが、確定はしたくない」と明かしている。

 しかし、前半戦全試合に先発出場してきた長谷部の穴は大きく、頭を悩まされそうだ。

 【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top