MLS参入のベッカム氏、新スタジアム建設計画も地元行政は大学施設の利用を提案

2015年02月04日(Wed)19時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

MLS参入のベッカム氏、新スタジアム建設計画も地元行政は大学施設の利用を提案
MLS新チームのオーナーを務めるデイビッド・ベッカム氏【写真:Getty Images】

 元イングランド代表主将のデイビッド・ベッカム氏のビジネスグループは、メジャーリーグサッカー(MLS)参入条件のホームスタジアム確保に解決策を見つけられずにいるようだ。英紙『テレグラフ』が報じている。

 マンチェスター・ユナイテッドやLAギャラクシーで選手時代を過ごした同氏は現在、2017年マイアミに創設予定の新チームのオーナーとしてスタジアムの選定に尽力している(MLSはスタジアムが確保されない限りはチームとして承認しない)。

 同氏はマイアミ市に新スタジアム建設のため、1回目はマイアミ港近辺を、2回目は米プロバスケットボール協会(NBA)ヒートの本拠地近くを建設地として提案していたが、いずれもマイアミ市に却下されている。

 さらに、地元公共事業機関が一時的にフロリダ国際大学(FIU)の施設を使うことを提案したことで、暗礁に乗り上げている。

 マイアミ・デイド郡の行政関係者は「この地区で出来るだけ早くMLSの試合を開催することが重要。まずは公共支援を増やし、地元ファンの動きを活発にさせることだ」と、チーム招聘後に新スタジアム用地の交渉するよう妥協案を提示。

 ベッカム氏グループの弁護士を務めるネイセン・カスディン氏は「我々はまだ新スタジアム建設を諦めていない。投資家たちは海岸沿いに2万人収容のスタジアムを欲している」と今後も粘り強く交渉を進める姿勢を示した。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top