内田が言う「勝てばよし」。安定感を増すシャルケ。“手堅い”ディ・マッテオの守備戦術

ロベルト・ディ・マッテオ監督の就任以降、手堅い守備で安定感を増しているシャルケ。1-0で勝利したボルシアMG戦後、内田篤人はその戦術と手応えを語った。

2015年02月10日(Tue)10時33分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

「普段通りしっかり守って、カウンター」

 ディ・マッテオの守備戦術は、さらに安定度を増して来ているようだ。

内田が言う「勝てばよし」。安定感を増すシャルケ。“手堅い”ディ・マッテオの守備戦術
内田篤人は先発出場【写真:Getty Images】

 2015年2月6日、ブンデスリーガ第20節、6位シャルケは3位ボルシアMGをホームに迎えた。

 両チームのスターティング・メンバーは次のとおり。

【シャルケ】監督:ディ・マッテオ 布陣:5-3-2

【GK】ヴェレンロイター【DF】右SB内田篤人、CBヘーヴェデス、CBマティプ、CBナスタシッチ、左SBフクス【MF】ボランチにヘーガー、キルヒホフ、バルネッタ【FW】ボアテング、チュポ・モティング

【ボルシアMG】監督:ファブレ 布陣:4-4-2

【GK】ゾマー【DF】右SBヤンチュケ、右CBブルワーズ、左CBドミンゲス、左SBウェント【MF】ボランチにノルドヴァイト、シャカ、右SHヘアマン、左SHアザール【FW】クルーゼ、ラファエル

 対ボルシアMG戦におけるシャルケの、つまりディ・マッテオの戦術は「手堅い」の一言に尽きた。

 DFラインは、平均身長が189cmのヘーヴェデス、マティプ、ナスタシッチの3CBを中心に、内田、フクスの両SBも下がって、5バックの形を取る。その前にはヘーガー、キルヒホフ、バルネッタの3人が構える。バルネッタは本来ボランチの選手ではないが、やはりまずは引いて構えることが基本となっている。

 内田は対ボルシアMG戦について「普段通りしっかり守って、カウンター。回すよりカウンターのほうが、意識はやっぱり強いからね」と言う。

 とは言え、ベタ引きのままという訳でもない。攻撃時には、3CBを残して6人が前掛りになることもある。ヘーガーとのコンビネーションで、内田が攻撃参加する。

 バルネッタが2トップのサポートに入ることがあれば、2トップのボアテングやチュポ・モティングがサイドに開いて、中にバルネッタが入って来ることもある。

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top