セレッソ大阪、2015補強診断。再出発の1年。昨季の悪夢を教訓に的確な補強を展開

フットボールチャンネルでは開幕に向けて、J2各クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季まさかのJ2降格となったセレッソ大阪を占う。

2015年02月19日(Thu)17時19分配信

text by 編集部
Tags: , , ,

今季は全てを取り戻す戦い

 昨季開幕前、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランを獲得し、オフシーズンの話題を独占したのはすでに過去のことだ。

 ランコ・ポポヴィッチ氏に始まり、マルコ・ペッツァイオリ氏、大熊裕司氏と2度も監督の首を挿げ替え、突然のカカウ獲得など迷走を続けた結果、最終節を前にJ2降格が決まってしまった。

 フォルラン以外にも日本代表クラスの選手を多く揃え、開幕当初は優勝候補にも挙がっていたにも関わらず、失望しか残らないシーズンだった。

 ホーム最終戦の試合後、退任が決まっていた岡野社長にはスタンドから特大のブーイングが浴びせられた。それがすべてを物語っている。ファンの信頼を失った昨季を糧に、今季は全てを取り戻すための戦いをしなければならない。

2015シーズン 戦力入れ替え

セレッソ大阪、2015補強診断。再出発の1年。昨季の悪夢を教訓に的確な補強を展開

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top