UEFA、2022年カタールW杯の冬期開催に賛成。欧州各国リーグは反対

2015年02月25日(Wed)16時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

2022年カタールW杯は冬開催濃厚か。FIFA実行委員が明かす
2022年11月から12月にかけて開催される可能性が高いカタールワールドカップ【写真:Getty Images】

 欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、11月から12月にかけて開催される可能性が高い2022年カタールワールドカップ(W杯)に賛成し、欧州プロリーグサッカー協会(EPFL)は反対した。スペイン紙『エル・ムンド』が同日に伝えている。

 UEFAは公式声明文を通じて「UEFAは2022-2023シーズンのトーナメントスケジュールを変えることに問題は無いと考える。よって、2022年W杯の提案は実行委員会によって承認されるべきである。UEFAは選手達の解放期間を短くする為、W杯の期間を短くする必要があると認める」と述べた。

 対してEPFLは「欧州各国リーグの進行を乱すことになる」と反論。開催期間は「選手達にとってもサポーターにとっても、適切な天候となる時期」と言う理由で「5月」を提案している。

 なお欧州クラブ協会(ECA)は「クラブや欧州リーグが、新たなトーナメントスケジュールの費用を強いられることがあってはならない」と語っている。

 さらに、プレミアリーグ最高経営責任者のリチャード・スキューダモア氏は「大きな失望」と、FIFAの決断を強く非難している。

 スペインプロリーグ機構(LFP)も5月開催を支持し、ドイツ・フットボールリーグ(DFL)のアンドレアス・レッティク最高執行責任者は「日付だけではなく、FIFAは解決策を提案すべきだ」と述べている。

 一方、国際プロサッカー選手会(FIFPro)は「解決すべき部分がまだいっぱいある」と主張するも「選手達の健康と安全を保障するには冬開催しかない」と、FIFAの決断を支持している。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top