ミラン在籍16年、遠藤友則。ビッグクラブを支え、スター選手に愛された知られざる日本人メディカルトレーナーの軌跡

本田圭佑が移籍するずっと前からミランには日本人が在籍していた。遠藤友則というメディカルトレーナーだ。日本ではあまり知られていない人物ではミランでは知らぬ者はいない。それどころかスター選手たちから絶大なる人望を集める。果たして遠藤とはどのような人物なのか。このほど『ミランの手 ACミランメディカルトレーナー遠藤友則』を著した筆者がその奮闘を振り返る。

2015年03月16日(Mon)15時20分配信

text by 小松孝 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ミランの選手であれば誰でも知っている治療法

ミラン在籍16年、遠藤友則。ビッグクラブを支え、スター選手に愛された知られざる日本人メディカルトレーナーの軌跡
『エンドーチェック』の名付け親は、アレッサンドロ・コスタクルタ氏(元イタリア代表)【写真:Getty Images】

『マルセイユルーレット』や『クライフターン』など、思わず天晴! と叫んでしまうような華麗なフェイントは、そのプレーを披露したジネジーヌ・ジダン(元フランス代表主将)の出身地(マルセイユ)や、ヨハン・クライフ(元オランダ代表主将、元バルセロナ監督)の名にちなんで命名された愛称だ。

 ピッチ上で見事な足技を披露する選手のフィジカルは、トレーナーと呼ばれるスタッフたちの卓越した手技によって支えられている。

 ACミランに過去10年間、在籍した選手なら誰もが知っている治療法がある。その名を『エンドーチェック』という。

 開発したのは、ミランが誇る日本人メディカルトレーナー遠藤友則(えんどうとものり)で、その名の通り、遠藤の名前から命名された。名付け親は、アレッサンドロ・コスタクルタ(元イタリア代表)。

 その昔、治療のことを『手当て』と呼んだように、自らの手技に磨きをかけながら東洋医学をベースに開発したというエンドーチェックには、診療時間がたった3分とはいえ、試合前ともなると、ムンタリなど直接担当する選手のほか、デ・ヨングらも並ぶため、行列ができるほどの人気振りだ。

 本田圭佑のミラン入りの噂が真実味を帯び始めた2013年頃から、「ミランに凄腕の日本人トレーナーがいるらしいぞ」と遠藤の周辺がにわかに騒がしくなったが、遠藤はミランに入団した1999年から物音ひとつ立てずに黙々と努力を重ねていたのである。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top