長友佑都の移籍金はなぜFC東京に支払われていないのか? チェゼーナが抱える経営の闇、そして混乱

FC東京、チェゼーナというクラブを経てイタリアが誇るビッグクラブのインテルへと移籍した長友佑都。大きなステップアップを遂げた長友だったが、この裏側にはいささか厄介な金銭問題が絡んでいた。

2015年03月24日(Tue)14時00分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

長友移籍の裏側で発覚した金銭問題

長友佑都の移籍金はなぜFC東京に支払われていないのか? チェゼーナが抱える経営の闇、そして混乱
チェゼーナ時代の長友佑都【写真:Getty Images】

 右大腿部の肉離れから回復を図る長友佑都は、代表合宿には出発しなかった。21日、インテルのマンチーニ監督は「(長友は)出さないことにした。我々はハリルホジッチ監督と話をしたが、出せる状態ではないことを理解していただいた。彼は良くはなっているが、まだチームで全体練習をこなしていない」と話した。

「重要な選手であり、今の状況で欠場は間違いなく堪えている」ともマンチーニ監督は話していた。就任後も長友が故障をしない限りは使い続けていたことから、一定の信頼は置いているのだろう。故障から復帰したダンブロージオや冬にインテルに戻ったサントンも、攻守両面で90分間安定したパフォーマンスをするというまでには至っていない。ドドに至ってはマンチーニの信頼を失った末に半月板も故障した。放出も噂されるが、長友にとっては代表中断期間後の2ヶ月が勝負といえそうだ。

 さて4年前、そのインテルとの間に完全移籍を取り付け、大きな利益を得たのは古巣のチェゼーナだ。インテルからの移籍金が約700万ユーロ(約9億1000万円)、それにジラセク、ガッリターノ、カルディローラの保有権、さらにはサントンのレンタル料も付き、実質1000万ユーロ(約13億円)もの利益を手にすることができた。地方クラブとしては相当額の収入である。

 ところがここに、一つの問題が発覚した。長友の保有権を取引するためには、レンタル元だったFC東京からパスの買取りをしなければならず、現に2011年1月に完全移籍のオプションを行使するとの契約を交わしたはずだった。だが4年経った今も、約160万ユーロ(約2億800万円)の移籍金が支払われていないというのだ。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top