ベテラン組が感じたハリルJ初陣2連戦。速さと質の両立に奮い立つ本田、内田は特別視せず「欧州では普通」

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下での2連戦を終えた日本代表。初招集や代表復帰など新戦力も多く加わった今回の合宿だが、不動の中心メンバーである本田や香川、岡崎、内田は今回の初陣をどのように感じたのだろうか。

2015年04月01日(Wed)10時14分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

「最高のスピードを求めるのは必要だなと感じる」

20150401_honda_getty
長谷部誠に代わってキャプテンマークを巻いた本田圭佑【写真:Getty Images】

 アルベルト・ザッケローニ監督が率いていた4年間は1分1敗と一度も勝てなかったウズベキスタンを相手に大量5点を叩き出した新生・日本代表。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督が3月23日からの強化合宿で強調し続けたタテへの意識と球際や寄せの激しさを選手たちは31日のウズベク戦で、前回のチュニジア戦(大分)以上に強く押し出した。

 前半開始早々に青山敏弘(広島)の芸術的ミドルシュートが決まって精神的に楽になった部分はあったが、先発した本田圭佑(ミラン)、岡崎慎司(マインツ)、香川真司(ドルトムント)、内田篤人(シャルケ)の2014年ブラジルW杯主力組はチームの進化を如実に感じ取った様子だった。

 前半のみで交代した内田は「ウズベクとやるとボールは持てるけどチャンスまで行けない印象があったけど、ああやってサクっと点を取れれば落ち着いてゲームできる。監督はハーフタイムに『ちょっとキレイにやりすぎる』『パンパンパンパン狙いすぎる』とか言ってたけど、速く攻める意識が出たのはすごくいいこと。

 細かいパスだけだとミスが多くなるけど、一発でオカちゃん(岡崎)に狙ったりするチャレンジもあった。そういうのはミスしてもブラボーだと監督は言ってましたね」と、彼ならではの口ぶりで、新監督のスタイルを好意的に捉えていた。

 長谷部誠(フランクフルト)に代わってキャプテンマークを巻いた本田も、ハリルホジッチ監督が速いサッカーを強調したことで、スピードと質の両立の必要性をより強く感じたという。

「あの速さで正確さを求めていくってこと。正確さを求めるがゆえにスピードを落とすってことではない。最高のスピードを求めるのは必要だなと感じるし、やっててすごく楽しいですね」

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top