イングランド女子リーグで”キッカーが蹴らないFK”が

 バリエーションが豊富になってきている昨今のFK。ブラジルW杯でドイツ代表のMFトーマス・ミュラーがヴァイッド・ハリルホジッチ現日本代表監督の率いるアルジェリア戦で見せた”ズッコケFK”もその1つ。

2015年04月04日(Sat)9時30分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , ,

 バリエーションが豊富になってきている昨今のFK。ブラジルW杯でドイツ代表のMFトーマス・ミュラーがヴァイッド・ハリルホジッチ現日本代表監督の率いるアルジェリア戦で見せた”ズッコケFK”もその1つ。

 昨年のJ2では京都サンガが”行列FK”を披露するなど、年々その方法も多彩となってきている。

 男子だけではなく女子サッカーでも、一風変わったFKが誕生した。試合は現地時間2日に行われたイングランドのFA女子スーパーリーグ、ノッツ・カウンティ対アーセナル・レディースの試合。

 前半28分にノッツ・カウンティがゴール前でFKを獲得。キッカーと思われる人物がボールから離れて1人とボール横に2人の選手が並んだ。

 通常ならボール横の選手が軽くボールをずらしてキッカーが蹴ると思われるが、キッカーがボールに向かって走ったと思うといきなり立ち止まった。

 一瞬何が起こったのかと思われたその瞬間、ボール横の1人の選手がまずボールを蹴りだし、ボール横にいたもう1人の選手がそのまま振り向きシュート。

 シュートは見事に決まり、トリックプレーは成功している。

 ゴールが決まったノッツ・カウンティの選手たちは喜びを爆発させ、ベンチを含めた全員で喜んだ。

 正確なキックも必要だが、今後もこのようなトリックプレーはどんどん増えるかもしれない。

【了】

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top