ヤングボーイズ久保のシュート失敗が「今季最大の逸機」と欧州で話題に

スイス1部リーグのヤングボーイズに所属するU-23日本代表FW久保裕也が、3日に敵地で行われたファドゥーツ戦(1-0でヤングボーイズが勝利)で外した決定機が「今季最大の逸機」などと話題になっている。4日の英紙『ミラー』や大手メディア『ユーロスポーツ』などが報じた。

2015年04月05日(Sun)10時32分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii
Tags: , ,

20150405_kubo
英紙『ミラー』より

 スイス1部リーグのヤングボーイズに所属するU-23日本代表FW久保裕也が、3日に敵地で行われたファドゥーツ戦(1-0でヤングボーイズが勝利)で外した決定機が「今季最大の逸機」などと話題になっている。4日の英紙『ミラー』や大手メディア『ユーロスポーツ』などが報じた。

 同リーグで現在2位につけ、今回のリーグ戦も1-0で競り勝ったヤングボーイズだが、ダメ押しとなるはずの決定機を後半28分から途中出場した久保が外してしまった。

 問題の場面は1-0で迎えた後半ロスタイム。ヤングボーイズは同点ゴールを奪うために総攻撃を仕掛けた相手からボールを奪うと速攻に転じ、相手ゴール前で5-1という数的優位を作ったものの、ラストパスを受けた久保が打ったシュートは枠外に飛んでしまった。この際に相手ゴール前を守っていたのはDF1人とGK1人のみだった。

 同場面についてはツイッターなどのSNSでも「今季最大の逸機」、「だって若い少年たちだもの」などと揶揄するコメントが躍った。

 なお、ヤングボーイズは26節を終えて、日本人FW柿谷曜一朗が所属する首位バーゼルと勝ち点7差で来季チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の2位につけている。

【了】

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top