長友に続き武藤もビッグクラブ移籍なるか。フィッカデンティ監督、実現すれば「日本でFC東京だけ」

2015年04月09日(Thu)21時25分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20140823_massimo_getty
FC東京のマッシモ・フィッカデンティ監督【写真:Getty Images】

 FC東京のマッシモ・フィッカデンティ監督は9日、チェルシーからオファーのあるFW武藤嘉紀について言及。その中で長友佑都についても触れ、FC東京から海外へ飛躍することの意義を語った。

 2010年、FC東京に所属していた長友はイタリア・セリエAに新天地を求めた。移籍先のチェゼーナで指揮を執っていたのがフィッカデンティ監督だ。長友は順調にステップアップし、移籍からわずか半年で名門インテルへと羽ばたいた。この出来事についてフィッカデンティ監督は「(チェゼーナの)価値を高めたと思う」と説明する。

 そして現在、武藤がチェルシーからオファーを受けている。「もし(武藤が)移籍すれば、日本で唯一、FC東京だけがこれほどのビッグクラブに2人の選手を送り出すチームになる」とフィッカデンティ監督。長友に続き武藤も海外の強豪クラブに移籍するとなれば、それは「このクラブで働く人にとってポジティブなものである」と、FC東京にとっても意味のあることだと語った。

 それでも、フィッカデンティ監督は「状況を見極めたい」と、慎重な姿勢は崩さない。武藤がFC東京での戦いに力を注げる環境を整える上で「社長が昨日、はっきりと情報を開示したことで、彼がよりリーグ戦に集中できる環境を作ったと思う」と、クラブの判断を評価した。

 そして「クラブがこういった決断をしたので、それに関しては受け入れてほしい」と、報道陣にも理解を求めた。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top