【英国人の視点】武藤がチェルシー移籍を決断すべき理由。スクープ記者が見る、“若手ではない22歳”の未来

武藤嘉紀を獲得するというオファーがチェルシーからあったことをFC東京が認めた。様々な反応があったが、果たして武藤はビッグクラブへの移籍をすべきなのか。移籍情報をスクープした英国人記者が論じる。

2015年04月10日(Fri)10時56分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

理解できるファンからの懐疑的な声

【英国人の視点】武藤がチェルシー移籍を決断すべき理由。スクープ記者が見る、“若手ではない22歳”の未来
武藤嘉紀【写真:Getty Images】

 チェルシーとFC東京が武藤嘉紀の移籍で合意に達したと聞いたとき、日本サッカーを評論している私でも驚いたと言わざるを得ない。

 プロの世界に信じられないほど迅速に適応した武藤は、疑いようのないすぐれた才能を持つ選手だ。しかし、中位のJリーグクラブからプレミアリーグ次期王者への飛躍は頻繁に起こるようなことではない。

 私がこの移籍情報リークしたものは信用できる情報筋からだったが、この話の妥当性を疑う理由はなかった。そのため、フットボールチャンネルにこのニュースを掲載した。この移籍の噂を広めることは、個人や仕事としての興味本位ではなく、報道する価値があるものだと感じたからだ。

 記事に対する全般的な反応は、予想通り疑惑と否定の声が多く聞かれた。武藤は少し前まで大学に通い、昨年Jリーグにデビューしたばかりの選手である。“エイプリルフール”もしくは“エイプリルフールネタに引っかかった”という反応には少し戸惑ったが、スクープを狙うフットボールジャーナリストの記事が必ずしも実現するわけではなく、人々が懐疑的になったとしても不思議ではない。

 私の記事が掲載されて3日後、FC東京は公式発表を行い、移籍に関する話題は大きな反響を呼んだ。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top