オランダで新たな“サムライ”誕生。ドルトレヒトのファン・ウェルメスケルケン・際がデビュー「素晴らしい1日」

2015年05月11日(Mon)17時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

オランダで新たな“サムライ”が誕生。ドルトレヒトのファン・ウェルメスケルケン・際がプロデビュー
ドルトレヒトでトップチームデビューを果たしたファン・ウェルメスケルケン・際【写真:Getty Images】

 現地時間10日、エールディヴィジ第33節のトゥウェンテ対ドルトレヒトでひとりの“日本人選手”がトップチームデビューを飾った。とは言ってもそれはトゥウェンテの宮市亮ではない。

 すでに2部への降格が決まっているドルトレヒトだが、20歳のファン・ウェルメスケルケン・際がトップチームデビューを果たしたのだ。

 オランダ人の父親と日本人の母親の間に生まれた際。出身はオランダ南東部のマーストリヒトだが、山梨県の中学校に通い、ヴァンフォーレ甲府U-18でプレーした経歴を持つ。2013年7月に当時2部のドルトレヒトのU-21チームに加入した。

 この試合ではマッチアップしたメキシコ代表FWヘスス・コロナに2ゴールを許してしまうも、右SBとしてフル出場を果たし、トップチームでの第一歩をスタートさせた。

 際はドルトレヒトの公式サイトで「結果に関わらず、今日は素晴らしい1日でした。2年前にこのクラブに来て、やっとデビューできて嬉しかった。最初は緊張していたが、チームメートに支えられて前半は上手くプレーできた。後半は相手にゴール決められて残念だったが、それでもピッチに立てることを楽しめた」とデビューの喜びを語っている。

 念願のトップチームデビューを果たしたこの試合は、宮市との日本人対決となった際。最終節はホームで2位の強豪アヤックスと対戦する。日本での知名度は決して高くはなく、チームも2部降格が決定してしまったが、新たな“サムライ”の今後に期待したい。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top