対照的なキャリアを歩んだジェラードとランパード。今季プレミアを去る2人のレジェンドに送る“ラスト・トリビュート”

5月24日、38節にまで及んだ長きに渡るプレミアリーグが閉幕した。今季も様々な選手が活躍を見せたが、2人の選手がこの舞台を後にする。長年プレミアリーグを支えてきた2人のレジェンドの功績を称え、彼らに“ラスト・トリビュート”を捧げたい。

2015年05月26日(Tue)10時59分配信

text by 山中忍 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

2人のレジェンドが歩んだ対照的なキャリア

対照的なキャリアを歩んだジェラードとランパード。今季プレミアを去る2人のレジェンドに送る“ラスト・トリビュート”
リバプールの英雄となったスティーブン・ジェラード【写真:Getty Images】

 5月24日の今季最終節を以て、プレミアリーグを代表するMF2名が母国イングランドでの現役生活に別れを告げた。スティーブン・ジェラードとフランク・ランパードの両ベテランだ。

 ジェラードとランパードは、揃って昨夏のW杯を最後に身を引いた代表で「中央でのコンビは機能しない」と言われてきた。攻撃的な持ち味が似ていることが理由とされた。それぞれ35歳と37歳になる今年、「レギュラー」にこだわって選んだ新天地も同じアメリカのMLSだ。但し、プレミアでのキャリアは対照的とさえ言える。

 ジェラードは言わずと知れたリバプール生え抜きの英雄。1998年に当時監督のジェラール・ウリエによって1軍に引き上げられた頃から、シュート、パス、タックルのどれをとっても迫力のある攻守万能なトップクラスとして将来を渇望されていた。

 例えばカップ選手権三冠を達成した2001年、まだ20歳だったジェラードは、UEFAカップ(現EL)決勝で途中から命じられた右SB役を当たり前のようにこなしている。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top